BINGOとLARGO
家族の犬と私の犬
4月28日(金)

昔読んだ小説に 夫の犬とか妻の犬というのを見て
『アメリカではそんな犬の飼い方をしているのか!?』
と 驚いた
012_20170428120349cc1.jpg
JACKに出会うまで
犬は家族の一員として存在するものだと思ってた。
073_20170428120801e92.jpg
JACKはどこからどう見ても私の犬だったけど
今はBINGOがそれを主張している!
086_201704281208038b3.jpg
来客も息子たちの帰宅も
真っ先に気付いて教えるのがBINGO
119_20170428120805d91.jpg
BINGOの声を聞いてお迎えに駆けつけるのがLARGO
051_201704281203533a1.jpg
BINGOは行かない(^^ゞ
ただ私に知らせるだけ
BINGOがお尻尾ブンブン出迎えるのは私だけ

始めてフラットに出会ったような息子たちが(笑)
089_201704281208048da.jpg
LARGOと喜びを分かち合ってる様子をBINGOは気にもせず

息子が部屋まで来たところで 
『それじゃ ボクと遊ぶ?』 と 何か銜えて自室へ誘う (^^ゞ

愛情を求めてやまないLARGOがどんなにチヤホヤされようと
一向に気にならないBINGO
052_2017042812035402b.jpg
だから 
038_20170428120351936.jpg
うまくいってるのかな? (笑)
047_20170428120351461.jpg
歩くだけで嬉しいBINGO
我家から緑地公園まで歩いて往復できるようになるなんて
BINGOは随分良くなった
 
私は10Kmくらい普通に歩くけど 
まだ8ヶ月のLARGOには無理みたい
歩くより カートに乗って撫でて貰うのが嬉しいLARGO(笑)

大きな赤ちゃんLARGOのお昼寝散歩も今しか出来ないお楽しみ 

そんな訳で まだ暫くは時間のかかるカート散歩が続きそう。
そんな訳で まだ暫くは首輪作りが捗りません m(__)m


≪追記≫
夕散歩で中央公園を一周し
未だ帰りたくないと踏ん張るBINGOをカートに乗せて帰ろうとしていたところ
『歩けるようになったんですか!?』 と 声掛けられた

『うちの子が歩けなかったのをご存じなんですか!?』
後ろ足から崩れそうな危うい歩き
ここにはBINGOのそんな様子を知ってる人がいる。

どこの病院で治したのかと尋ねられ
病院は止めたんですよと答えた。
『病院では、脚の骨の切断手術が最善の方法だと言われ
当時痛みも無い4本の脚にメスを入れて1ヶ月もお散歩できない身体にするなんて
考えられなくて止めたんです。』
だけど 動物には自然治癒力があるんですね ・・・ と
NESの説明はしなかった

ホントにBINGOは良くなった
だけどもっと良くなるよ (*^_^*)
BINGOがずっと頑なに守り続けていた封印を解いた(*^^)v
このお話はまたいずれ (^^)/~~~♪







スポンサーサイト

[ BINGOとLARGO ]
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
| 2017/04/28 13:12| TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://paka0214.blog17.fc2.com/tb.php/2592-78f1007a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pakaママ

Author:pakaママ
1990年12月24日生まれのいぶ
2001年2月14日生まれのフラット♂SKIPPER
2009年2月3日生まれのフラット♂JACK
2015年12月25日生まれのフラット♂BINGO
2016年8月4日生まれのフラット♂LARGO

手作りご飯に手作り首輪から始まったFCRとの暮らし



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク


フラットなリング
BACK NEXT
RANDOM LIST
HOME

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



FC2カウンター